TIMEXウォッチをご利用の際は取扱説明書をよくお読みになり、TIMEXウォッチの機能をご理解いただき、お読みになったあとは保証書とともに大切に保存してください。 取扱説明書はお手元に保管していただき、必要に応じてご参照下さいますようお願い致します。


電池についてのお願いとご注意
電池について
  • お買い求め頂いた際に時計に組み込まれている電池は、機能・性能を見る為のモニター用です。電池寿命に満たない場合もありますので予めご了承下さい。
  • 電池寿命切れの電池をそのまま長時間放置しますと漏液などで故障の原因となりますので、お早めに交換して下さい。電池交換は保証期間内でも有料となります。
警告
  • お客様は、時計から電池を取り出さないで下さい。
  • やむを得ずお客様が時計から電池を取り出した場合は、電池は幼児の手の届かない所に保管して下さい。万一飲み込んだ場合は身体に害がある為、直ちに医師とご相談下さい。
注意
  • 破裂・発熱・発火などの恐れがありますので、電池を絶対にショート・分解・加熱・火に入れるなどしないで下さい。
  • 使用している電池は充電式ではないので、充電すると液漏れ・破損の恐れがあります。絶対に充電しないで下さい。
  • 常温(5℃~35℃)から外れた温度で長時間放置すると、電池が漏液したり電池寿命が短くなったりすることがあります。
使用上の注意とお手入れ方法
日常のお手入れ
  • ケースやバンドは肌着類と同様に直接肌に接しています。汚れたままにして置くとサビや腐食で衣類の袖口を汚したり、かぶれの原因となることがあります。又、ケースやバンド自体の破損・故障の要因となることがありますので常に清潔にしてご使用下さい。
  • 時計を外した時は、柔らかい布などで汗や水分を拭き取るだけでケース・バンド・パッキンの寿命が違います。
  • 皮バンドは、柔らかい布などで吸い取るように軽く拭いて下さい。 擦るように拭くと色が落ちたりツヤがなくなったりする場合があります。
  • 皮バンドや染色バンドは素材の性質上、色落ちする場合があります。特に水や汗などで濡れると色落ちしやすくなります。衣類・持ち物・肌などに色落ちが付着した場合は、直ちに時計・バンドを取り外して良く拭き取って下さい。
  • 金属バンドは、柔らかい歯ブラシなどを使い、金属バンドのみを水で洗って下さい。バンド部分の取り外しが可能であれば、取り外してから洗浄して下さい。バンドの取り外しが不可能な場合は時計本体に水がかからないようにご注意下さい。
  • ウレタン・プラスチックバンドは、特にお手入れの必要はありませんが、汚れがひどい場合は水で洗浄して下さい。バンド部分の取り外しが可能であれば、取り外してから洗浄して下さい。バンドの取り外しが 不可能な場合は時計本体に水がかからないようにご注意下さい。通常のご使用でも素材の性質上、硬化・変色する場合があります。
  • 非防水時計は、湿度のあるところや汗などにご注意下さい。万一、濡れた場合は、直ちに吸湿性のよい布などで水分を吸い取って下さい。
  • 日常生活強化防水時計(10気圧・20気圧)を海水などでご使用になった場合は、洗剤や薬品などは使用せずに水を使用して水分や汚れを拭き取って下さい。
  • 回転式ベゼル・リュウズ・プッシュボタン類は汚れが付着していると機能の妨げとなりますので、清潔にしてご使用下さい。
  • 時計・バンドに化学薬品・ガスなどが付着すると変形・変色・破裂する場合もありますので、絶対に付着させないで下さい。
  • 金属素材以外のバンド交換の目安は1年間程度です。汚れたり亀裂が入ったバンドでのご使用はお避け下さい。
かぶれやアレルギーについて
  • バンドは多少余裕を持たせ、通気性をよくしてご使用下さい。
  • かぶれやすい体質の方や体調によっては、皮膚に異常がある場合があります。
  • 腐食・汚れ・汗などが皮膚の異常を引き起こす原因となる場合がありますので、時計は清潔にしてご使用下さい。万一、皮膚などに異常を生じた場合は、直ちにご使用を中止して医師にご相談下さい。
保管について
  • 「0℃~50℃」からはずれた温度では、機能が低下したり、停止したりする場合があります。
  • 磁気や静電気の影響があるところに放置しないで下さい。
  • 極端にホコリの多いところに放置しないで下さい。
  • 強い振動のあるところに放置しないで下さい。
  • 薬品にふれるところに放置しないで下さい。
  • 温泉や防虫剤の入った引き出しなど特殊なところに放置しないで下さい。
防水機能についてのお願いとご注意
注意
  • 防水機能表示をご確認の上、使用可能範囲に添って正しくご使用下さい。
  • 水中や水分が付着したままの状態ではケース内に浸水する恐れがありますので、リュウズ・プッシュボタンなどを作動させないで下さい。
  • 防水機能は永久的に継続するものではありません。外装部品やパッキン類の劣化・老朽に伴って機能低下します。
  • 時計に汚れなどが付着していると防水機能の妨げとなりますので、清潔にしてご使用下さい。
  • 水に関するスポーツなどでご使用の際、瞬間的に耐圧限界を超える衝撃が加わった場合には、浸水する恐れがあります。
警告
  • 日常生活防水(3気圧)の時計では、水中でのご使用は不可能です。雨・手洗いの際の水しぶきに耐えうる程度の防水機能。
  • 日常生活防水(5気圧)の時計では、水中でのご使用は不可能です。水仕事に耐えうる程度の防水機能。
  • 日常生活強化防水(10気圧)の時計では、水泳程度のご使用が可能です。
  • 日常生活強化防水(20気圧)の時計では、水中でのご使用が可能です。但し、飽和潜水・空気潜水にはご使用出来ません。
  • 防水時計であっても、本格的なダイバー向けの防水時計(ダイバーウォッチ)ではございませんので、ダイビングにはご使用出来ません。
  • 防水時計であっても入浴中のご使用はお避け下さい。
  • シャワーや蛇口からの水圧は、高水圧の恐れがありますのでお避け下さい。
  • 防水機能を越えたご使用による故障の場合は、特別な場合を除き有償修理対応となります。
時計外装部品の損傷・破損について
注意
  • 時計外装部品の損傷・破損は、保証期間内に於いても特別な場合を除き有償修理対応となります。又、損傷・破損が原因であっても、紛失された場合は保証の範囲ではありません。
  • 回転べゼルリング・リュウズ・ボタン・バンドバックル等の可動部品の損傷・破損は保証の範囲ではありません。
  • ご購入頂いてから間もない商品以外のナイロンバンド・皮バンドの裁縫のほつれや、ウレタンバンドの亀裂などは特別な場合を除き有償修理対応となります。
時計の精度について
  • TIMEX社の規格では、クォーツウォッチは月差±15秒以内、メカニカルウォッチ(機械式)は日差±30秒で調整されています。但し、ご使用の条件により変化することもあります。予めご了承下さい。
アフターサービスについて
  • 時計の不具合及び修理は弊社サービス部宛てに(柔らかい紙や布に包み)お送りください。
  • 保証書を必ずご同封下さい。添付されない場合は保証期間内においても有償対象となりますので、ご了承下さい。
  • 時計の不具合及びご不明な点は、弊社サービス担当へお問い合わせ下さい。
予めご了承いただきたいこと
  • 消耗部品は経時変化しますので、必要に応じて点検および部品交換をお申し付けください。 修理の際、「代替部品」を使用させていただく場合や修理が困難な場合は、「同等品と交換対応」とさせていただく場合があります。
  • 特別注文された製品の修理では、純正部品での対応となる場合があります。日本国内未入荷モデルは、修理対応が「不可能」な場合や、「同等品との交換対応」とさせていただく場合があります。
以下をご一読いただき、メールにてお問い合わせください。
原則として、翌営業日にeメールもしくはお電話にてご連絡をいたします。 但し、土・日曜日、祝祭日、当社の年末年始・夏期休暇期間中のお問い合わせは、翌営業日以降のお返事とさせていただきますのでご了承ください。


ご留意事項
  • 当社から返信いたしますメールは、お問合せいただいたお客様に対してお答えすることを目的としています。当社の許可なくメールの一部または全体を転載、二次使用すること、ならびに当該お客さま以外に開示することは固くお断りいたします。
  • お問合せの内容によっては回答にお時間を頂いたり、回答を差し上げられない場合がございます。
  • こちらのフォームからの営業・商談・営利目的のメール送信はお断りいたします。
  • TIMEXでは、商品の画像やウェブコンテンツ、その他TIMEXが有する著作物について、個人でお楽しみ頂く目的以外でのご使用はお断りしています。
  • 商品のお問い合わせは、製造終了日から3年以内の商品を対象とさせて頂いています。製造終了日については、裏蓋に刻印されているアルファベットと数字の組み合わせ(例:V9)若しくは2桁の数字をご確認の上、メールにて弊社までお問合せください。商品やパーツの交換をご希望された場合でも、代替品の在庫状況によっては修理の案内をさせて頂く場合や、不具合部品のみの交換とさせて頂く場合もございます。予めご了承ください。
問い合わせ先 TIMEX日本輸入総代理店
DKSHジャパン株式会社 消費財事業部門 カスタマーサービス
E-MAIL cg.csc1@dksh.com
営業時間:9:30~17:30(土日祝休) www.dksh.com/japan